北千住 起業・出店者インタビュー

北千住の賃貸は山﨑ハウジング北千住 起業・出店者インタビュー>Aala wi Natty

 

 

 Aala  wi  Natty

 

立 地 :北千住駅(西口)

業 種 :美容室/ネイルサロン

業 態 :ドレッド・エクステンション・ネイルサロン

住 所 :東京都足立区千住2-31-102

TEL  :03-5284-8858

営 業 :11:00~21:00

定休日 :毎週火曜日 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飯島 :本日は、よろしくお願いします。まず店名の「Aala  wi  Natty」とは何とお読みしますか?ネーミングの意味などもお伺いしたいです。

 

長店長 :読み方は「アアラ ウィ ナッティ」でパトワ語というジャマイカ      の言葉です。Aala wiは「みんな」で、Nattyが「ドレッド」、みんなでドレッドという意味です。

以前、ジャマイカの方が店の看板を指さして笑っていました。(笑)

 

飯島 :とてもユニークなネーミングですね。

色々経験されてそうなので私個人的にも興味がありますが、これまで社会人になられてどんなことをされてきたんですか?

 

長店長 :はじめは原宿のお店に入りドレッドやエクステを始めました。
 
ある日、お客さんから沖縄でサトウキビの収穫の仕事があるという話を聞き、若さもあり、面白そうだったので会社を辞めて沖縄に行きました。ですが実際にはお金もなくなり野宿するような生活をすることになったので、1か月程で東京に戻りました。


飯島 :うーん、想像以上ですね。
 

長店長 :それから芸能界で有名なPVをつくられている方がドレッドをできる人をさがしているということで声がかかり、そちらで仕事をしていました。妖怪大戦争の妖怪のドレッドは、ぼくが手がけました。
その後、代官山のお店で何年か仕事していましたが、その時はお客様の誘いで海の家でドレッドを編んでいたこともあります。
代官山の後は、しばらくドレッドの講師をしていましたが、そこでお世話になっていたエクステメーカーと提携して上野でお店を立ち上げました。
会社の担当の方は、Aala wi(みんな)という名前にしたいが、ぼくはNatty(ドレッド)がいいということでAala wi Nattyになりました。
 

飯島 :ああ、なるほど。漸くAala wi Nattyが誕生したんですね!
 

長店長 :その後は、独立して上野からこの北千住に移ってきました。
 

飯島 :これまで原宿や代官山、上野でされてきて、上野は少し近い感覚のところかもしれませんが、何故北千住に移られたんですか?
 

長店長 :ぼくもあまり上野から移るつもりはなかったんですが、お客さんが常磐線で千葉方面から来たり、日比谷線をつかわれている人が多くて、利便性がよかったことがあります。
 それと今回のこのお店も入居前はかなり古い状態でしたが、その分賃料も安くて、自分たちで内装をつくることで良くできるし、長い目でみるとこちらの方がよいかなと思い移ることにしました。
 

飯島 :確かに以前の古い事務所からはとても想像できない可愛らしい温かみと清潔感のあるお店になりましたが、さらに驚くことにこれをご自身でつくられたんですよね?
 

長店長 :知人の内装屋さんとほぼ2人でつくりました。
 

飯島 :とくに苦労されたところや思い出深いところはどこですか?
 

長店長 :なんだろう、、色々ありますが、このレンガですかね。ぼくがレンガを使いたいと言って、自分でサンダーでレンガを切ったりして、すごい火花が出て怖い思いもしました。笑
あと、オブジェとして置いている流木を九十九里浜に拾いに行ったこととかかな。。
 

飯島 :この店内で何と言っても目が釘付けになるのはこの雪だるまのような鏡台ですが、これは?
長店長 :これはリーさん(内装業者)の力作です。つくり方は、起業秘密ということで。
 

飯島 :このお店の内装ではお聞きしたいことが尽きませんが、少し話題をかえさせていただいて、北千住の印象はいかがですか?それと最後にこれから北千住に来られる方へメッセージなどあればお聞かせください。
 

長店長 :移転してくる前は、ハンバーガーを食べに来たことしかなかったんですよ。
でもすごいですよね、人情というか、定食屋のおばちゃんの元気のよさとか。(笑
メッセージは、「ご飯が安くておいしい、おすすめ」ですね。 
 

飯島 :笑 ありがとうございました。
 

 

後書
北千住では珍しいドレッドとエクステンションのお店です。店長の長さんはとても気さくな方で、開店直後の慌ただしい時期に1時間以上もお話ししてくださいました。
これまでのご経験やお店をご自身の手でつくられた思い出などお店の紹介以外にも興味深いお話しを聞くことができました。

ぜひ北千住でも成功してほしいお店です。

長さんご協力ありがとうございました。